はろーわーるどのダイエットは挫折の始まりBlog
痩せる目的で開設したBlogなのに大失敗w でも開き直って、続ける事にしましたが、失敗。駄目人間っぷりを堪能する人間観察バラエティです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レビュートライアスロン奮闘記
残り日数もあと僅かになってきました。
レビュートライアスロン
今日、やっと二桁に乗せる事が出来ました

色々と裏話?があるので、少しだけ書いていきます

LGA775で苦戦と書きましたが・・・
実際笑えない状態でしたw

下のマザーが実は悪い子でした(;´Д`)

LG775破損マザー
これは、MSI製のnforce7150という変わったチップセット採用の
マザーボードで、LGA775のCPUに対応しています。

このマザー一見正常に動くのですが、実はCPUのコアを1個しか
認識しない病気を持っていました。
BIOS設定を変えたり、BIOSを最新の物にしても全く駄目でした。

このCPU1個認識病は、HTも無効のようで、BIOSでHTをONに設定
しても1Core1Threadになってしまいます。

試したのは
Core2Duo E4500
Core2Quad Q6600
PentiumDualCore E5200
Pentium4 960

Quadコアまで1Core動作になるのは・・・(;´∀`)
勿論、動作リストでは対応しているCPUです。

結論は、諦める事にしましたww

さて、無駄話はまだ続きます。
LGA1366やLGA1156の検証は楽勝だったのか??

答えは、「No!」です。

下の写真を見て下さい

LGA1156用バックプレート

これはLGA1156用のバックプレートなのですが、ピンクで囲んだ
部分がバックプレートになります。
どうやってついているか?
勿論、両面テープですww

通常は、CPUクーラーはそんな頻繁に交換するものではないので
両面テープでも何ら問題ないのですが・・・
今回は、交換に次ぐ交換です。
Antec製のクーラーは、助かる事にバックプレート共通でした。

しかーし

リテールクーラーはバックプレート式ではありません
改造すれば良いのでしょうが・・・趣旨から外れてしまいそうです

では、どうするか?
CPU交換の度に力尽くで引っぺがしました。・゚・(ノД`)・゚・
そこは、信頼のAntec 接着力もバッチリでした

「どうやって剥したか?」
マイナスドライバーを差し込んで強引に(´-∀-`;)

それ以上は聞かないで下さいww

LGA775用バックプレート
これはLGA775用です

両面テープ式でも無く交換はとても楽です

AMDのCPUも純正のバックプレートを流用するために結構楽でした

という訳で、色々と苦戦してはいるのです(;^ω^)

つづくかな??
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://hellorb.blog130.fc2.com/tb.php/62-05480352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。