はろーわーるどのダイエットは挫折の始まりBlog
痩せる目的で開設したBlogなのに大失敗w でも開き直って、続ける事にしましたが、失敗。駄目人間っぷりを堪能する人間観察バラエティです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビデオカードのお話、NvdiaのGTX系
こんばんは

はろーわーるどです

今日は、可愛いクロヌコがいたので、時間も忘れて戯れていました。
お陰でお昼は砂の魔女でしたw

今日は、たまには車をと思ったのですが、今日発売になった、GTX560TIにちなんで?
Geforceの事でも軽く書きたいと思います。

現在は、GTX580が最新かつ、最高性能になっていますが、少し前まではGTX480がそのポジションにいました。

このGTXという名前が頭についたのは、はろーの記憶に間違いがなければ、GTX280からになります。
この前は、9800GTXの様に後ろについていました。
GTX180は?
これは、よくわからないです。
すみません

GTX480-280上:GTX280 下:GTX480

両方とも大きなカバーに完全に覆われています
デザインで、同じNvdiaとわかるのは素晴らしいですねw

このカバー(クーラー部)外すのが大変で、分解することを殻割りと言います(;´∀`)

GTX480-280-裏上:GTX280 下:GTX480

GTX280では、裏まで金属板でカバーされていたのですが、GTX480では外されています

おそらく、GTX280は裏面にもビデオメモリーが配置されていたため、これを冷やすために裏面もカバーされていたと思われます

分解時は腹が立ちますが、普通に使うにはある方が有難いですw

殻なしGTX上:GTX280 下:GTX480

クーラーを分離(殻割り)した写真です

GTX280に比べ、GTX480の方がスッキリしています

ちょっと面白い小話があります

このGTX280と言うビデオカード、ものすごい高性能だったのですが、熱と消費電力が物凄く、当時の普通のケースや電源だと難しいと言われていました
市販モデルに、水冷モデルなんかも発売されましたw

しかし、このGTX280小改良を受けて、GTX285というカードに進化を遂げます
このGTX285は、GTX280より高性能で、発熱・消費電力も抑えられ、ひじょうに使いやすいビデオカードでした

そして、歴史は繰り返され、GTX480も高性能な物のあまりの熱と消費電力に・・・というビデオカードだったのですが、小改良を受けてGTX580に進化を遂げます
このGTX580も、GTX480より高性能高性能で、発熱・消費電力も抑えられ、ひじょうに使いやすいビデオカードになったようです
機会があったら是非触ってみたいビデオカードです

えっ?GTX485じゃないの??
:(;゙゚'ω゚'): 

殻なしGTX480-280裏上:GTX280 下:GTX480

裏は、どっちもゴチャッとしてますね(;^ω^)
今のハイエンドビデオカードはこんな感じです
半田作業泣かせですね><

GF100
GF100

これが、GTX480の心臓部です
GF100というコードが刻まれています

G200
G200

これが、GTX280の心臓部です
G200というコードが刻まれています
紛らわしいですが、G→GFに進化する事で、世代の違いを強調している?のかなと思います。

しかし、でっかいコアですw

480電源部
GTX480の電源部

とても綺麗に纏めてあります
真ん中の穴は吸気用?の穴です

GTX280の物を見てみます

280電源部
GTX280の電源部

見るからにごちゃっとしてます><
ここもきちんと冷やさないと、凄く熱を持ちます
同じ、8PIN+6PINなのに随分と違うものですね

PCパーツの進化は早いです

現在進捗中
今、やってる事 チラッw

液体窒素が来ません><
こればっかりはどうにもならないです。

個人と大企業では、後回しされっぷりが激しいので、仕方が無いのですが・・・

そこで、レビュー用にデーターをひたすら取っています。
早くお見せできるといいのですが、迷いながらフォーマットを考えていたので、思わず時間がかかってます。
残念ながら、長者関係の物ではないです><
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://hellorb.blog130.fc2.com/tb.php/106-55f8c467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。